堺市北区 川崎歯科

歯周病専門医 何でも先生に話しやすい、口臭治療対応可

女性歯科外来(マタニティ・リウマチ・膠原病など)

女性歯科外来(マタニティ・リウマチ・膠原病など)

リウマチ、自己免疫疾患など
女性特有の病気でお薬等もきつく免疫が落ちている方の歯周病への不安唾液分泌の悪い方等の相談。 女性の一生は、女性ホルモンに左右されていると云っても過言ではありません。

20代〜30代

 妊娠などにより女性ホルモンが多くなり、女性ホルモンを好む嫌気性菌により歯ぐきに炎症がおきやすくなる

40代〜50代

 閉経前後(更年期)に女性ホルモンが急速に減り唾液の分泌が減る事により口臭がきになったり、歯周病にかかりやすくなる

60代

 高血圧、糖尿病、高コレステロール等により多数の薬を服用することが増える

その他

 副作用により歯ぐきが腫れたり唾液の分泌が悪くなり歯周病になりやすい

上記の事をふまえて女性しか分からない身体の変化を 背景におきながら歯周病、ムシ歯、口臭の治療をしていきます。

リウマチ

 女性に多い病気の方のお口の中の相談

白くしてほしい

 笑うと昔に治療して入れた銀歯が気になって嫌!と言う方保険で出来る限り白く変えれる場合も結構あります。
一度お気軽にご相談下さい。

もちろんホワイトニングもおこなっています。

マタニティ歯科

マタニティ歯科

妊娠すると女性ホルモンが活発に分泌されます。
歯周病(歯ぐきの腫れ)を起こす嫌気性の細菌は、女性ホルモンが大好きな為、妊娠すると歯ぐきの調子が悪くなる事が多いです。
とにかくお母さんになる前に
・お口の中のチェック
・歯ぐきのチェック
きれいなお口で出産して大切なお母さんのムシ歯菌・歯周病菌がうつらない様にお母さんになる前に準備しましょう!
とても分かりやすく、やさしく治療相談にのります。

妊娠性の歯肉炎

ホルモンのバランス

 女性ホルモンの分泌が盛んになり、細菌の発育が促進され歯肉炎を引き起こします。
細菌が歯周ポケットから血流中に持ち込まれる結果、早産や未熟児出産等の原因になることもあります。

唾液の量が減る

 妊娠中は唾液の分泌量が減ることにより、 歯肉炎を引き起こしやすくし、口臭がきつくなりやすくなります。

妊娠性の歯肉炎

妊娠性の歯肉炎

歯と歯ぐきの境目付近によく見られる 「線状菌(せんじょうきん)・ 桿状菌(かんじょうきん)」、「トウモロコシ状の歯垢細菌」

歯肉縁上・歯肉縁下

妊娠中こそ定期検診が必要です